ポロシャツはON / OFFとも使える

1

  クールビズが浸透してから、オフィスのカジュアル化が加速していています。 1年を通じてノーネクタイが当たり前になると、 シャツの素材やカタチを見直すようになってきました。 そのような影響を受けて、特に暑い時期などは ポロシャツを着て仕事をするという姿も珍しくありません。 しかし、ポロシャ…

続きを読む»

2021年8月8日  by istyle

ストライプシャツはテレワークスタイルの味方になる。

DSC_4371_2

  様々なシャツに注目してきましたが、今回のテーマはストライプシャツについてです。ひと口にストライプと言ってもバリエーションは多彩です。 その種類について説明しながら、どのようなシーンにはどんなストライプシャツが相応しいのか、また好感度がアップするのかを考えていきます。 縦じまが注目されて…

続きを読む»

2021年7月16日  by istyle

横柄な態度はNGですが、チェック柄ならOKでしょう。

TRIPART_0001_BURST20210526101831935_COVER

  ビジネスシーンにおいて、スーツやジャケパンは無難に着こなすことが肝心なのですが、ややマンネリに陥るという心配があります。 流行を意識するのではなく、年齢やシーンに応じた提案を取り入れることで、日々のコーディネイトが新鮮に感じてきます。 今回はチェックシャツを使ったビジネスコーデを考えて…

続きを読む»

2021年6月24日  by istyle

タブカラーシャツの着こなし

DSC_4316

  襟元をキリリと締めるならタブカラーシャツにお任せあれ。 オフィスのカジュアル化やリモートワークなど働き方が変わっていきています。その影響は働く服装にも表れていて、ノーネクタイはもちろんのこと、シャツや靴も楽チンで機能性の高いものが選ばれるようになってきています。 しかしその反動で、大切…

続きを読む»

2021年6月16日  by istyle

ブルーシャツがあればコーディネートが広がる。

P5190004

  ネクタイや小物をアクセントに。 オフィスのカジュアル化が当たり前になり、公務員や銀行でも部署によってはネクタイもジャケットも不要という環境が増えています。 さらに自宅でのリモート勤務が普及するに至っては、ビジネススーツ(ジャケパン含む)の出番は右肩下がりが続くようです。 しかしいくら働き方が変わ…

続きを読む»

2021年5月26日  by istyle

ピンク系のシャツをビジネスシーンの格上げコーデに。

P5200034

ピンク系のシャツをビジネスシーンの格上げコーデに。 さらにパープル系にもチャレンジしてみる。   オフィスのカジュアル化や自宅でのリモート勤務によって、ビジネススーツ(ジャケパン含む)の出番が減っている。 この話題については別の項目 でも取り上げましたが、そうした機会が減っているからこそ普…

続きを読む»

2021年5月26日  by istyle

なぜインポートのシャツ生地は良いのか

P4148221

  オーダースーツはもちろんですが、既製品であっても“ゼニア”や“ロロピアーナ”の生地を使うことで差別化を図る傾向が数年前から目立つようになってきました。 こうした流れは他のアイテムにも波及していて、今回はシャツ作りにおけるファブリックブランドの違いについて考えてみました。   …

続きを読む»

2021年4月23日  by istyle

オンタイムに着たいデニムシャツ

ins4

  “ぬけ感”作りはデニムシャツにお任せ   ここ数年、コーディネイトに多く見かけるようになったのが “ぬけ感”と“こなれ感”ではないでしょうか。 ドレス寄りのコーデにカジュアルアイテムを加えることで “ぬけ感”が生まれ、カジュアル寄りのコーディネートに ひと手間加えることで “…

続きを読む»

2021年4月15日  by istyle

ビジネスシャツの選び方、シチュエーション別の着こなしと襟型の種類

DSC_4155

  ビジネスシーンにおいて、どのようなシャツを着ているのか、スーツやネクタイとの関係性を理解しているか、ということは印象だけでなく、商談の可否を左右するポイントだと言ってもいいかも知れません。 清潔であることは言わずもがなですが、メンズファッションには一定のルールがあることを再確認しながら…

続きを読む»

2021年3月25日  by istyle

ビジネスシャツの新機軸 ドレス顔の鹿の子シャツ

ins1

  いわゆる“働き方改革”が進み、ビジネスを取り巻く事情が変わってきました。 それはビジネスにおける服装にも表れていて、 スーツにネクタイというスタイルが一般的であった職場でも、 季節によって、また状況次第ではどちらも不要だという 状況に変わってきました。 リラックスした服装で仕事をする。…

続きを読む»

2021年3月15日  by istyle
12345678

8 ページ中 1 ページ目を表示