このエントリーをはてなブックマークに追加

ホリゾンタルカラーに似合うネクタイの結び方

70294

ホリゾンタルカラーシャツは特徴的な襟型のため、ネクタイの合わせ方に迷いがちです。今回は、ホリゾンタルカラーに似合うネクタイの種類や結び方などをご紹介します。

ホリゾンタルカラーとネクタイの色の組み合わせ

基本となる色の組み合わせ方に、スーツ・ホリゾンタルカラーシャツ・ネクタイの色を同系色でまとめるというのがあります。たとえばサックスブルーやネイビーといった、ブルー系で統一するとコーディネートがしやすくなります。

反対色・補色でワンランク上のコーディネート

よりオシャレにセンス良くさせたいときは、ネクタイとホリゾンタルカラーシャツの色の組み合わせに「反対色」と「補色」を上手に使うと効果的。

反対色を使う場合、たとえばシャツがブルー系ならイエローのネクタイを合わせる。補色としてレッドやオレンジなどがワンポイントで入った柄のネクタイを選ぶと、より上級者の着こなしに。

ホリゾンタルカラーに似合うネクタイの結び方

ほぼ180度近く水平に開いている襟が特徴のホリゾンタルカラーは、あまり結び目が小さいとアンバランスになることも。ネクタイをする場合は、大き目の結び目にすると上品な印象を与えてくれます。

準備として、シャツの襟を立て、一番上のボタンをとめてから大剣が左側にくるようネクタイをかけます。小剣より大剣が長くなるようにたらしましょう。

  • 大剣=ネクタイの幅が広い方の端
  • 小剣=ネクタイの幅が狭い方の端

シングルノット

一番シンプルで、オーソドックスなシングルノットは、どんなドレスシャツにも合う汎用性が魅力です。ビジネスシーンやパーティーなど、フォーマルシーンに欠かせない結び方と言えるでしょう。襟元を強調しすぎないので、シャツの存在感とバランスをとる際にも役立ちます。

  1. ネクタイを肩からかけて、大剣を小剣の上からクロスさせます
  2. クロスさせた大剣を、そのまま小剣の後ろに回します
  3. 続けて、前へ回して一周させましょう
  4. 大剣を上に回して、正面の輪に通します
  5. ノットの形を整えた後、小剣を軽く引っ張り、襟元を整えたら完成

ウィンザーノット

大きい結び目が特徴のウィンザーノットは、典型的な英国調スタイル。しっかり固く結ぶため緩みにくく、改まった席や大切なシーンに適した結び方です。結び目がふっくらと大きめに仕上がるので、ホリゾンタルカラーやワイドカラーなどエリの角度が広いタイプのシャツとの相性が抜群。全体のバランスも良くなるでしょう。

  1. 大剣を上にして重ね、大剣の先を右下から首元に通して右胸側に
  2. 大剣を持って巻きつけた裏で交差する
  3. その先を左側の首元に持っていき、上から通して今度は左胸側に
  4. 左右均等にネクタイが巻きついているので、位置や幅を左右均等になるよう調節する
  5. 小剣の上を通って大剣を右胸側に持って行く
  6. 大剣の先を右側首元に下から潜らせ、一番外側のループの中に通す
  7. 出来上がった逆三角形の形を整えれば完成

大剣を左右にかけるときに、締め具合を均等にするのがコツ。幅広でボリュームのあるノットに仕上がります。

ホリゾンタルカラーに似合うネクタイでもっと魅力的に

ホリゾンタルカラーに合わせるネクタイの柄や結び方ひとつで、さまざまな表情を魅せることができます。顔に近い首元を飾るシャツやネクタイは、人に与える印象を左右する重要なアイテムだけにきちんとこだわりたいものです。

ホリゾンタルカラーをはじめ、豊富な種類のドレスシャツを扱うITAL STYLE SHIRT。トレンドのホリゾンタルカラーに、あなたのお気に入りのネクタイを合わせていつもと違う表情を楽しんでみませんか?

 

【カテゴリー】

 

LCR_CTR02

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事