このエントリーをはてなブックマークに追加

ノータイでホリゾンタルカラーをかっこよく着こなすポイント

70291

ホリゾンタルカラーは、ノータイでもラフになり過ぎることなく、こなれ感のあるスタイルが実現。ホリゾンタルカラーシャツは、ビジネスからフォーマル、普段使いにもできるおすすめアイテムです。

ホリゾンタルカラーシャツはノータイでも大丈夫?

日本でも人気急上昇している今注目の襟型のホリゾンタルカラー。襟羽開きが180度に近いという特徴的なカラーは、ノータイで着用するとオープンカラー気味に美しく開くワザありの襟型です。

ノータイでも映える綺麗な開き具合が特徴のホリゾンタルカラーシャツは、日本でもクールビズに合わせて販売されることが多くなりました。ビジネスシーンからフォーマルシーンまで、幅広く着こなせるのでおすすめです。

ノータイでホリゾンタルカラーを着こなす3つのポイント

ホリゾンタルカラーシャツにノータイでよりお洒落にかっこよく着こなすには、3つのポイントがあります。

ポイント1.シャツの襟の立体感

ノータイにするなら、シャツの首元に立体感の出る型かどうかがポイントになります。首元に立体感の出る襟型でないと、トップボタンをはずしたときにVゾーンをしっかりとつくることができません。

レギュラーカラーと比べて襟先が大きく開いているホリゾンタルカラーは、ノータイだと美しいカーブが映えて上品でエレガントな雰囲気を演出します。

ノータイで着用する場合のポイントは、トップボタンをはずして着ること。トップボタンをはずせば首が長く見えるので、よりスマートな印象を与えてかっこよく着こなせるでしょう。

ポイント2.インナーを見せない

ノータイなら、ホリゾンタルカラーのトップボタンははずして着るのが基本ですが、シャツの間からインナーを見せないようにすることがポイント。インナーが見えてしまってはエレガントな雰囲気も台無しに。インナーは、襟ぐりが極力深いものにしてシャツの間から見えないようにしましょう。

ポイント3.スーツよりジャケパンでキメる

ホリゾンタルカラーシャツにノータイの場合、上下セットのスーツを着ても問題はありませんが、着こなし的に締まりがない印象になることも。ホリゾンタルカラーシャツにノータイなら、スーツより「ジャケット+パンツ」スタイルがおすすめです。

ジャケパンはさまざまな組み合わせができるので、コーディネートの幅がぐんと広がるのもメリット。お気に入りのジャケットやパンツなどと合わせてみましょう。

ノータイでも首元がスマートにキマる「ホリゾンタルカラー」

ホリゾンタルカラーは、トップボタンをはずしてノータイでもシャープな印象を与えます。クールビズで大活躍間違いなしのホリゾンタルカラーシャツは、ビジネスマンとして1枚は持っておきたい必須アイテムです。

ITAL STYLE SHIRTでは豊富な種類のホリゾンタルカラーシャツを販売しています。ノータイスタイルでボタンを開けたときも立体的で美しくカーブを描く襟型が、艶のある大人の男性の魅力を引出してくれるでしょう。

 

【カテゴリー】

 

 

おすすめのホリゾンタルカラーのご紹介

ホリゾンタルカラー

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事