このエントリーをはてなブックマークに追加

お葬式で着用するスーツとワイシャツのルールとマナーについて

DSC_1765

 

故人を弔うために行われるお葬式。お通夜・葬儀・告別式・法事の参列には、正しいルールとマナーを守る必要があります。特にスーツとシャツは、自分を表す部分。しっかりと着用マナーを把握しておきましょう。

お葬式で着用するスーツはブラックスーツ 

葬儀の際は、一貫してブラックスーツを着用します。ブラックスーツとは、準喪服・略礼服と呼ばれるスーツ。生地は深い黒で光沢感が少なく、水牛ボタンなどが使用されていないのが特徴です。

プレーンな黒無地の、デザインが施されていないブラックスーツを選びましょう。

また、ブラックスーツはシングルブレスト・ダブルブレストのどちらでも問題はありません。長く着用できるように、自分の体型に合わせたスタイルを選択します。

裾に関しては、折り返しデザインのダブルではなく、プレーンなシングルカットをオーダーしましょう。

通夜に参列する場合のスーツスタイル 

お通夜は、「突然の訃報を聞いて急いで駆けつけた」という前提があります。

そのため、お通夜の参列にはブラックスーツではなく、黒・濃紺・濃いグレーなどの無地のスーツでも構いません。

もし、お通夜の段階でまだブラックスーツを所持していない場合は、おとなしめの無地のスーツを着用し参列します。ブラックスーツを所持している場合は、お通夜から着用する場合がほとんどです。

葬儀の際のモーニング・燕尾服 

準喪服や略礼服が主流の昨今では、モーニングや燕尾服の着用はほとんどありません。格式の高い葬儀の場合や、喪主などの限られた立場にある場合のみ着用します。

参列者の場合は、ブラックスーツで参列する事がベターです。

お葬式で着用するシャツはホワイトシャツ 

 

お通夜から葬儀の終了まで、一貫して着用するシャツのデザインは決まっています。

それは、白無地・レギュラーカラーのシンプルなシャツ。ただ、スーツ以上にデザインの幅が広いので、迷ってしまう事も多いかと思います。

マナーに反しているデザインのポイントを理解していれば、スムーズにシャツを選ぶことが可能です。葬儀で着用する際に、失礼のないシャツの選び方をご紹介します。

襟の形はレギュラーカラー・ワイドカラーが正解 

葬儀の場で好ましいシャツの襟デザインは、レギュラーカラーとワイドカラーです。シンプルかつ、しっかりと芯のあるレギュラーカラーシャツの襟元は、清潔感と堅実な印象を与えます。

レギュラーカラーは、冠婚葬祭以外にも大事なビジネスシーンや就活などにも活用されている、スタンダードな襟のシャツです。

 

ワイドカラーシャツは、レギュラーカラーより少し襟元の開きが大きいデザインです。襟元の開きが大きいことで、ネクタイの結び目がやや強調されます。レギュラーカラー同様に汎用性が高いシャツです。

DSC_1782

マナー違反・着用NGの襟元デザイン 

シャツの襟の形には、それぞれに意味とテーマがあります。中でも、ビジネスシーンでよく見かける「ボタンダウンシャツ」はお葬式をはじめ冠婚葬祭には不向きです。

襟にボタンが付いているデザインは、ノーネクタイでも襟が遊ばないよう考えられたデザイン。カジュアルな印象が強いので、お葬式にはNGです。

そして、結婚式で着用する小さな立ち襟の「ウイングカラーシャツ」も、フォーマルの正装だと勘違いしてしまいがちですが、NGです。たとえモーニングや燕尾服を着用してお葬式をするシーンがあったとしても、シャツはレギュラーカラーを着用します。

あくまでも、結婚式で新郎・両家の親族が着用するシャツです。

DSC_1790

お葬式に着用するシャツの細かいマナー違反ポイント 

襟の形意外にも、シャツには細かいデザインが施されています。

まず、袖口のデザインは、シンプルなシングルカフスが無難でおすすめです。

袖が折り返してあるダブルカフスでも問題はありませんが、ちらりと袖口から見えるカフスボタンは、目線が下に行く葬儀の際には目立ちます。カフスボタンはシルバーの地金に黒のデザインの物を使用しましょう。

シャツのボタンを留める糸の色にも注意が必要です。白無地・レギュラーカラーのシャツに、アクセントで留め糸が青や赤になっているデザインが存在します。

こちらも、お葬式の場では非常に目立ちますので避けましょう。

最後に、シャツの生地・素材・柄の確認も必要です。

光沢感が強い生地や、織柄が施されているシャツは好ましくありません。綿素材のなめらかな生地がおすすめです。あくまでも、無地を選択しましょう。

お葬式で意識するスーツとシャツの着こなしポイント 

深い黒のテキスタイルで仕立てられたブラックスーツは、埃などの汚れが目立ちます。しっかりと、ブラッシングを施してから着用しましょう。スーツやシャツのシミやシワもチェックし、清潔感を意識することが大切です。

DSC_1779

お葬式は、故人を弔い敬意をはらう場です。マナーとルールを守り、失礼の無いように参列しましょう。

【カテゴリー】

LCR_CTR02

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事