このエントリーをはてなブックマークに追加

ネクタイの収納方法とメンテナンス

0

ビジネスマンの必須アイテム、ネクタイ。
皆さんはどのように収納し、お手入れされていますか?

保管の方法には様々あり、それぞれの方法をご説明いたします。
ネクタイのお持ちの本数や収納スペースに合わせて
あなたにピッタリの収納方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

そしてすこしでも大切なお気に入りのネクタイを長く使っていただけるよう
メンテナンスの仕方をご説明いたします。

ネクタイの収納方法

1 ネクタイを吊るして収納

ネクタイ収納専用のネクタイハンガーも多数市販されており、
身近な収納方法の1つですが、ネクタイの重みで伸びてしまいますので
素材によっては向き不向きがあります。
特にシルク素材以外の素材は特に注意が必要です。
ウールタイ、ニットタイ、リネンタイなどシーズン性のある素材には
不向きな収納方法です。

4

【吊るして収納のメリット】

クローゼットのデッドスペースにも対応でき、吊るすだけですので簡単収納と
収納力が魅力です。ただし重ね過ぎはシワの原因になりますので注意が必要です。

【吊るして収納のデメリット】

長時間吊るして保管しておくとネクタ自体の重みにより、
生地が伸びてしまう点です。

2 ネクタイを畳んで/平置き 収納

収納スペースに余裕のある方や、ネクタイの本数の少ない方におすすめです。
収納方法は畳む回数はなるべく少なくし、
2つ折りの状態で平らな場所に保管します。(お店に陳列しているようなイメージ)
保管時の畳ジワがつかないように、自然な状態でふんわり折って保管してください。
その際、できる限り重ねず、並べて収納してください。

平置きの保管は生地に負担がかかりにくく、生地を傷めず伸びにくい為、
シーズンオフの季節もののネクタイや長期に保管する場合に特におすすめですが、
長期保管による折シワが付く場合もありますのでご注意ください。

日頃から畳んで収納される場合は、1日使用されたネクタイはすぐに畳んで収納してはいけません。
ネクタイも想像以上に汗を吸収していますので、そのまま保管されてしまうと、
湿気がこもってしまい、カビが発生する可能性があります。
体に沿う部分、特に首回りは汗を吸っていますので風通しの良い日陰で、ハンガーなどに吊るして
乾かすことがポイントです。吊るすことにより自然にシワも軽減できるメリットがあります。

1

【平置き収納のメリット】

生地に均一な圧がかかるため型崩れや、ネクタイのダメージを
最小限にすることができます。

【平置き収納のデメリット】

収納スペースが大きく必要なため、ネクタイの本数が多い方は難しい収納です。
また、長期の保管にも向いていますが折シワが付く場合があります。

3 ネクタイを丸めて収納

ネクタイの小剣をループに通して2つに折り畳みます。
その際、1 : 1 に折らずに大剣側を少し長くするのがポイントです。
ネクタイを折っている方向から内側にふんわりと包み込むように巻いていきます。
力強く巻くと、シワや型崩れの原因になります。
専用の間仕切りのケースも市販されていますのでチェストなどにも
コンパクトに収納できます。

 

2

 

3

【丸めて収納のメリット】

コンパクトに収納でき、見た目にも美しくピックアップが容易。

【丸めて収納のデメリット】

シワや傷がつく原因があり、型崩れを起こす場合があります。

 

1 2 3の収納ともに、1日使用されたネクタイは
ネクタイのシワを軽減でき、湿気を取り除いてくれますので
収納前に1日風通しのよい日陰でネクタイを吊るしておくことをお勧めします。

 

ネクタイのメンテナンス方法

 

シャツと同様に消耗品であるネクタイですが、日々のメンテナンスと気配りで
少しでも長くお使いいただける方法をご説明いたします。

1 ブラッシング

日常のお手入れとしてネクタイにも衣類と同様に着用後には
ブラッシングが必要です。
洋服用のブラシで上から下に生地を傷つけないようにブラッシングすることで
埃を落とします。(2~3回程度)
ネクタイも革靴のように毎日使用せずにローテーションで
回していくことが大切です。

*ブラシには馬毛や豚毛の天然素材の優しいブラシがお勧めです。

2 シワを伸ばす

また着用後、外したネクタイの結び目はシワになりますが、
2日~3日風通りの良い場所で陰干しするとある程度のシワは
軽減できますが、シワをもっと取りたい場合は
浮かしアイロンでアイロンのスチームをあてると、シワ取りができます。

•シワを伸ばして当て布をネクタイの上に置く
•当て布の上から浮かしアイロンでスチームをあてる絶対にアイロンを直接当てないでください。テカリやシミの原因になります。
•スチームのあとは当て布を取り、手で軽くシワの場所を伸ばしてください。

3 シミをつけてしまった場合

【食べのものシミ】

食べのもや飲み物などシミをつけてしまった場合はなるべく早く
クリーニング店に持ち込んでください。
シミをつけた直後であれば、処置として、濡らさず乾いた布で
優しく叩いてシミを吸い取ってください。

【汗のシミ】

汗がネクタイについた場合は、湿らせた布で叩いてください。
湿気を含んだままですので風通しのよい場所で陰干ししてください。
素材によっては、生地を傷めてしまいますのである程度の汚れを取ったら、
なるべく早くクリーニング店へ持ち込んでください。

*ネクタイは洗濯機では洗わないようにしてください。
型崩れや生地を傷め、風合いを損ないます。

いかがでしたでしょか。
収納の仕方やメンテナンスひとつでネクタイの寿命も大きく左右されますので
愛着ある一本を大切にしてみてはいかがでしょうか。

ITAL STYLE SHIRTでは様々なシチュエーションに対応できるシャツを
豊富に取り揃えておりますので
あたなたのお気に入りのネクタイにぴったりのシャツをお選びください。

 

LCR_CTR02

 

ITAL STYLE トータルウェア ONLINEサイト

wear

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事