このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスシーンにおけるドレスシャツの魅せるコーディネートとは?

コンテンツ4

ビジネスシーンでのMen’sコーディネート(Vゾーン)を組む上で欠かす事のできないアイテムと言えばスーツ(ジャケット)、ネクタイ、そしてドレスシャツですよね。
ジャケットを着ていると、ドレスシャツは少し目立たないようにも感じますが、そんな事はありません。顔映りの印象は勿論、コーディネート全体の印象も大きく左右する重要なアイテムです。

そもそもドレスシャツ(dress shirt)とは、フォーマルシーンやビジネスシーンにおいて着用されるシャツのこと。和製英語である「ワイシャツ(ホワイトシャツ)」と同義的に使われることもしばしばです。基本的にはワイシャツもドレスシャツも同じなのですが、白いシャツであればフォーマル・カジュアルを問わずワイシャツと呼ぶのに対し、ドレスシャツはよりフォーマルの意味を強く含んでいるため、微妙にニュアンスが違い、似て非なる物であるのです。

そしてお手持ちのドレスシャツのバリエーションを考えた際に、まず頭に浮かぶのが白(無地)シャツではないでしょうか。
スーツと合わせた時のコントラストがはっきりとする白は、清潔感・誠実さに繋がり、抽象的ではありますが相手に良い印象を与えてくれる事から、おそらく最も多く、必ずと言って良いほど誰もが一枚はお持ちであろう白シャツは所謂「定番のシャツ」と呼べると思います。

次に思い浮かぶのはおそらくブルー(無地)シャツでしょうか。
こちらも白シャツに次ぐ定番シャツで、知的且つ爽やかな良い印象を相手に与えてくれます。ネイビースーツと合わせて統一感を、グレースーツに合わせてこなれた雰囲気を出すのも良いですね。

そしてストライプやチェックなどの柄物シャツ。
少しカジュアルな印象がありますが、ビジネスシーンに取り入れるとオシャレ度が一気に上がり、センスの高いビジネスコーディネートを作ることができます。

襟型のご紹介はまた別の機会にさせていただくとして、上記三種類のシャツが揃っていれば様々なコーディネートを組む事ができ、ビシネスシーンでのお洒落の幅はグッと広がる事間違いなし!

ですが、せっかく選んだシャツも合わせるスーツやネクタイを間違えてしまっては元も子もありません。

そこで、ここからが本題です。
ここまでにご紹介した白シャツ、ブルーシャツ、柄物シャツを使ったビジネスコーディネートをスーツ、ネクタイ別にご紹介したいと思います。

『白シャツコーディネート』

①白シャツ×ネイビースーツ
まず押さえておきたいのが、定番の白シャツと共に誠実さを感じさせる王道のネイビースーツ。これは絶対に外す事ができません。
スーツと濃淡をつけた同系色のネクタイで統一感を出したり、はっきりとした色や柄のデザインのネクタイを取り入れることで、程よい差し色がアクセントとなり上品な着こなしを演出する事ができます。

コンテンツ1

コンテンツ2

②白シャツ×グレースーツ
落ち着いた雰囲気のあるグレースーツと白シャツの組み合わせも、こなれた雰囲気を出す事ができるので非常にオススメです。ネイビー系のネクタイでVゾーンをグッと引き締めたコーディネートや、それとは対照的にインパクトのあるレッドのネクタイと合わせるのも良いですね。

コンテンツ3

コンテンツ4

『ブルーシャツコーディネート』

③ブルーシャツ×ネイビースーツ
ブルーシャツは同系色のネイビースーツと合わせる事でスタイルに統一感が生まれます。これも間違いのない合わせ方のひとつと言えるでしょう。
少し明るめのブルーシャツにブラウンのネクタイでマローネ・エ・アズーロ(栗と空色)をイタリア気分で決めるのも良いですし、艶のあるネイビータイで色気のあるワントーンコーディネートもお洒落に決まります。

コンテンツ6

コンテンツ5

④ブルーシャツ×グレースーツ
落ち着いた雰囲気のグレースーツにもブルーシャツはとてもオススメです。
ネクタイの色味を調整することで、メリハリのあるスタイルを作り出し、上品さを演出すると良いでしょう。
例えば濃いめのパープルタイでVゾーンに統一感のあるグラデーションを魅せたり、色味の多いレジメンタルタイでメリハリを出すのもオススメです。

コンテンツ7

コンテンツ8

『柄物(チェック、ストライプ)シャツコーディネート』

⑤柄物シャツ×ネイビースーツ
まず大前提として、スーツ・シャツ・ネクタイの全てに柄が入っていると、柄同士が喧嘩してしまい落ち着きのない印象になってしまいます。お洒落に着こなすには柄のアイテムは2つまでに抑える事が基本です。
例えばブルーのチェックシャツにブラウンネクタイ。ここでもマローネ・エ・アズーロを応用して、無地ネイビースーツで全体の統一感を出します。
ブルーストライプシャツとグリーンタイの合わせも統一感がありつつも、しっかりとインパクトのあるVゾーンが演出できていて良い組み合わせですね。

コンテンツ9

コンテンツ10

⑥柄物シャツ×グレースーツ
こちらも勿論柄のアイテムは二つまでに押さえて綺麗にまとめましょう。
ビジネスシーンで柄物シャツを上手く着こなすには引き算が必要です。裏を返せば、バランスさえ取る事ができれば決して難しいアイテムではなく、ワンランク上のコーディネートを楽しむ事ができます。
ネイビーチェックシャツにネイビーソリッドタイの寒色系でまとめたVゾーンや、
赤ストライプシャツにボルドーのネクタイを合わせた暖色系コーディネートもお洒落ですね。

コンテンツ11

コンテンツ12

いかがでしたでしょうか?

最低限のシャツ、スーツ、ネクタイを揃えていれば組み合わせを変えるだけでセンスの良いビジネスシーンでのスーツスタイルをコーディネートする事ができるのです。しかしながら今回ご紹介できたのは数あるコーディネートの中のほんの一部でしかありません。是非、この機会に今回ご紹介したコーディネートを参考に、それ以外の組み合わせも模索してご自身のコーディネートを楽しんでみてください。

 

【カテゴリー】

 

 

 

 

LCR_CTR02

 

ITAL STYLE トータルウェア ONLINEサイト

wear

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

  • 関連する記事はありません。