このエントリーをはてなブックマークに追加

シャツ専門店のプロが教える、ワイシャツのすっくり収納するポイント

22

丁寧に収納されて、シワのないワイシャツを手に取ると気持ちがいいものです。ビジネスマンに欠かせないワイシャツの収納ポイントは「ハンガーにかける」「たたむ」の2つ。それぞれのポイントを詳しくご紹介します。

ハンガー派のワイシャツの収納ポイント

「ハンガーにかける」収納は、ワイシャツの形を保ちやすく、とても簡単です。2つのポイントを見ていきましょう。

1.ワイシャツに合ったハンガーを選ぶ

ワイシャツをかけるハンガーが、ワイシャツの肩幅に合っているかチェックしましょう。サイズが合わないハンガーにワイシャツをかけると、ショルダーラインや襟元の型崩れの原因になってしまいます。ワイシャツをハンガーにかけて収納する場合は、専用ハンガーが理想です。

2.詰め込みすぎない

ワイシャツをハンガーにかける収納は、手軽なのでいっぱい詰め込みがち。しかし、クローゼット内にたくさん詰め込んで収納すると、衣類同士がぶつかり押し合い、シワや型崩れをしやすくなります。クローゼットに収納する際は、ワイシャツ同士が軽く触れる程度の間隔で、ハンガーを並べて掛けるのがポイントです。

すき間があることで風通しもよくなり、湿気がこもるのも防止できるので、収納スペースは広くとるように工夫してみましょう。

たたむ派のワイシャツの収納ポイント

コンパクトに収まってスッキリまとまるのが、ワイシャツを「たたむ」収納。たたむ手間こそありますが、形のそろったワイシャツは収納しやすく、見やすいというメリットがあります。では、収納に適したワイシャツのたたみ方を見ていきましょう。

長袖・半そでを見分けるワイシャツのたたみ方

ワイシャツをたたむときには、長袖、半そでが分かるようにしておくと便利。

<使うもの>
台紙・・・・・A4サイズの下敷き、厚紙など

<手順>

  1. ワイシャツの前ボタンを留め、裏返す。台紙はワイシャツの背中上部、襟下に置く。
  2. 左袖を付け根から、後ろ身ごろへ折り返す。
  3. 左袖の中心から折り、袖口(カフス)が上を向くように折り返す。
  4. 台紙がずれていないか確認し、台紙に沿って左肩幅の中ほどから折り曲げる。
  5. ワイシャツの右側を台紙に沿って、右の肩幅中ほどから折り返す。
  6. 左側に伸びた右袖を付け根から折り返す。
  7. 裾を10cmあたりの所で折り、さらに全体を半分に折りたたむ。
  8. 台紙を抜いて、余っている裾をたたんだ両肩の中へ巻き込む。
  9. 表にして、右袖を前にもってきて形を整え完成。

表に袖を出すので、長袖か半袖かひと目でわかります。台紙はA4としていますが、収納場所に合わせたサイズで台紙を用意しておくとよいでしょう。

たたんだワイシャツは上手に収納

重みでシワや型崩れの原因になるので、たたんだワイシャツは、何枚も重ねて収納しないようにしましょう。たたんだワイシャツの収納で役立つグッズがこちら。

  • A4サイズのプラスチック書類ケース
  • A4サイズの書類トレイ(重ね置きできるタイプ)

どちらも100円ショップで購入できます。書類ケースには、ワイシャツを一枚ずつ入れて収納ができるので、出張にもぴったり。重ねて置くこともでき見やすいので、ワイシャツをたたんで収納するときには、ぜひお試しください。

ワイシャツはハンガーとたたむ収納を上手に使い分ける

どちらの収納方法でも共通する点は「詰め込み過ぎない」こと。ワイシャツ同士が押し当たってシワを作らないように、2つの収納を使い分けて大切なワイシャツをすっきり管理しましょう。

ITAL STYLE SHIRTでは、立体的な襟としなやかな素材感が魅力的なドレスシャツを、豊富に取り揃えております。シワのないドレスシャツを着こなして、大人のフォーマルスタイルを楽しみましょう。

 

【カテゴリー】

 

 

LCR_CTR02

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事