このエントリーをはてなブックマークに追加

覚えておきたいドレスシャツのサイズ選びと測り方

覚えておきたいドレスシャツのサイズ選びと測り方

自分に似合うドレスシャツを見つけるには、まずサイズを知ることから始めましょう。サイズ選びのポイントやご自分の体のサイズを測る方法など、新しいドレスシャツを選ぶ際に役立つ情報をまとめました。

ドレスシャツサイズ選びのポイント

ドレスシャツ選びで大切なのは、自分の体形に合ったサイズを選ぶこと。試着する際は次の3つのポイントに注意して選びましょう。

1.シャツの肩の縫い目を自分の肩幅に合わせる

自分のサイズにぴったりのシャツを選ぶポイントになるのが、「ドレスシャツと自分の骨格の肩幅があっているかどうか」です。ドレスシャツにある肩の縫い目の部分と自分の肩幅を比べてみて、ぴったりか肩幅より少し内側にくるサイズがよいでしょう。

シャツの肩を自分の肩幅に合わせると、フィット感がありながら腕もスムーズに動かせるドレスシャツが選べます。

2.着丈はズボンのチャック半分の長さを目安に

ドレスシャツのジャストサイズの着丈は、ズボンのチャックが半分くらいの長さがよいとされています。

3.袖口の長さは手首のくるぶしが隠れるのがベスト

ドレスシャツの袖口の長さは、ボタンを留めて手を下におろした状態にして手首のくるぶし(手首の骨)が隠れる長さがちょうどよいサイズ。

体のサイズの測り方「首まわり」

シャツのサイズは、首まわりと裄丈(ゆきたけ)で選ぶので、この2つのサイズを正しく測りましょう。首にメジャーをまわして、のどぼとけの少し下のあたりを測ります。

ジャストサイズ

基本となるジャストサイズは「実寸+2cm」。たとえば、首まわりの実寸が38cmの場合40cmのドレスシャツがジャストサイズとなります。シャツを着ての目安は、1番上のボタンをしめたとき、すき間に指が2本入るくらいのゆとりがあればOK。

タイトめ

首まわりはタイトめにしたいなら「実寸+1cm」。指1本分のゆとりを目安に選びます。

ゆったりめ

全体的にゆったりめがお好みの方は「実寸+3cm」。指3本分のゆとりがあるシャツを選ぶとよいでしょう。

これ以上大きなサイズになると襟まわりがだらしなくみえ、身幅も大きくなりすぎて野暮ったい印象になってしまいます。ドレスシャツは、かっこよく着こなせるジャストサイズがおすすめです。

体のサイズの測り方「裄丈」

首のつけ根の中心から肩先を通して、手首のくるぶしまでを測ります。「肩幅の半分+腕の長さ」ということ。実寸から「+2cm~4cm」がジャストサイズの目安になります。

シャツ表記が「S・M・L・LL」の場合

ドレスシャツの中にはサイズ表記が「S・M・L・LL」で、首まわりや裄丈をとくに記載していない場合があります。一般的なサイズは下記のとおりになりますので、お好みに近いサイズを選びましょう。

S

首まわり37cm。裄丈78~81cm。

M

首まわり39cm。裄丈81~84cm。

L

首まわり41cm。裄丈84~86cm。

LL

首まわり43cm。裄丈86~88cm。

ドレスシャツはジャストサイズがおすすめ

首まわりと裄丈で選ぶドレスシャツは、他の洋服と違ってサイズ選びは少し複雑です。同じ身長の人でも、首の太さや腕の長さによってシャツのサイズは変わってきます。新しくドレスシャツを購入するとき、自分の首まわりと裄丈をしっかり把握しておけば、サイズ選びでの失敗は少なくなるでしょう。

ITAL STYLE SHIRTでは幅広いバリエーションのドレスシャツを、豊富なサイズで展開しています。ご購入の際は、かっこよく着こなせるジャストサイズをお選びください。

 

【カテゴリー】

 

 

LCR_CTR02

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事