このエントリーをはてなブックマークに追加

シャツ専門店のプロが教える、ワイシャツの洗い方

1

大事な取引や勝負の時にビシっと着こなしたいワイシャツ。どのような洗い方をして、手入れをすればよいのか、お悩みの方も多いのでは?今回は、基本的なワイシャツの洗い方をご紹介。順番に確認していきましょう。

絵表示を確認してワイシャツの洗い方を決める

ワイシャツに付いている「洗濯絵表示」を見たことはありますか?洗濯絵表示とは、「そのワイシャツをどうやって扱えばいいのか」が書いてある、いわば取扱い説明書です。

絵表示の近くには、洗剤の指定や洗い方・アイロン時の注意、干し方など、細やかなアドバイスも一緒に書かれていることも。洗濯絵表示は最後まで目を通し、下の3つを確認しましょう。

1.ワイシャツに適した洗濯洗剤を選ぶ

絵表示の中で特別な指定がなければ、基本的にどの洗剤でも使うことが可能です。「中性」と書かれている場合は、中性のおしゃれ着用洗剤を使います。

また、シャツの風合いや色落ちなどが気になる場合も、中性おしゃれ着用洗剤を使うとよいでしょう。「エンソサラシ」の絵表示に「×」が付いている場合は、塩素系漂白剤は使用してはいけません。

2.洗濯コースでワイシャツの洗い方を設定

自動洗濯機のコースの確認します。こちらも洗剤同様、特別な指定がなければ「標準コース」で大丈夫です。絵表示に「弱」の文字が書いてある場合は、「弱流水コース」や「手洗いコース」を選んで優しく洗いましょう。

「手洗イ」と書いてある場合は、手で押し洗いや振り洗いをします。洗濯機に「手洗いコース」「ドライコース」があれば、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗っても構いません。

3.ワイシャツを洗濯ネットに入れる洗い方

「ネット」と書かれている場合は、洗濯用ネットを使用しましょう。ワイシャツをネットに入れるのには、3つの理由があります。

  1. 洗濯シワができるのを軽減する
  2. 生地が絡まって痛むのを防ぐ
  3. 色移りを防ぐ

「ネット」と書かれていなくても、シワや色移りが気になる場合は、目の細かい洗濯ネットにワイシャツを入れて洗濯しましょう。

ワイシャツのシワを軽減する「脱水時間」

ワイシャツのシワができる洗い方のひとつに、脱水のかけ過ぎがあります。脱水は30秒と短めにかけることがポイント。秒単位で脱水時間を設定できない場合には、自分で時間を計り、ストップボタンで脱水を止めましょう。

洗濯後のワイシャツの干し方

ワイシャツはよく振りさばき、手を使って繊維に沿って全体のシワを伸ばすようにします。肩の部分が太くしっかりしたハンガーなら、肩カフス部分の丸みが立体的になり、きれいに乾くのでおすすめです。

ワイシャツの気になる部分汚れの洗い方

ワイシャツの汚れが集中する袖や襟周りや、すでに付いてしまった食べ物のシミ汚れ。こうした部分的な汚れには「部分洗い用洗剤」を使います。

洗濯前に気になる部分汚れをチェックし、シミの種類に合った洗剤を塗布。色落ちの原因になるので、部分洗い用洗剤を塗った後はそのまま放置せず、すぐに洗濯しましょう。

ワイシャツの生地が「色落ちしやすい」「縮みやすい」などの特徴がある場合には、自分で洗濯は行わず、迷わずクリーニング店へ頼むことをおすすめします。

洗い方をマスターして気持ちよく着る

ワイシャツの洗い方は、説明となる洗濯絵表示を確認して行うことがポイントです。素材によりますが、洗濯機で洗える場合が多く、難しい作業もありません。お気に入りのワイシャツは、愛情をかけて自分で洗濯をしてみましょう。

ITAL STYLE SHIRTでは、フォーマルなスタイリングに合わせやすいドレスシャツを豊富にご用意。袖を通した瞬間の着心地のよさと、シンプルな大人のおしゃれを演出する、あなただけのドレスシャツをぜひ見つけてください。

 

【カテゴリー】

 

 

LCR_CTR02

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事